究極の水洗いにこだわります

水洗いクリーニングのメリット

メリット1: 着心地抜群!さっぱりとした仕上がりに
直接肌に触れるズボン、スカートなどを水洗いクリーニングすると、明らかに軽く、さっぱりとした仕上がりになります。通常のドライクリーニングと比べると、さらに着心地のよさを実感されると思います。
メリット2: 汚れ落ちが違う
綿パンツ、綿ジャケットなどのエリ、袖、すそ汚れは、ドライクリーニングではなかなか落ちません。水洗いクリーニングなら繊維の奥まで浸透し、気になる汚れを取り除きます。
メリット3: 黄ばみ予防に
汗などの水溶性汚れが酸化して、生地を黄変させるのが黄ばみです。ドライクリーニングでは水溶性の汚れは落ちにくく汗がほとんど残留してしまいます。水洗いクリーニングなら汗を洗い落とします。
メリット4: 白物をより白く
白いシャツやブラウスは、女性の魅力が引き立つ重要なアイテム。水洗いクリーニングによって、白物をより白く保つことができます。
メリット5: カシミア、アンゴラも水洗い
高級素材のカシミアやアンゴラこそ水洗いクリーニングに向いています。ふんわりと心地よい仕上がりをぜひご実感ください。

お客様の声

仙川在住のS様
仙川在住のS様
まだ水洗いクリーニングを知らなかった頃、スーツをクリーニングに出しても夏場のズボンはべたつき感がありました。
ぽぽろさんを知ってから、汗の汚れは水洗いでしか落ちないとのアドバイスがあり、思い切って初めての水洗いクリーニングを依頼しました。
仕上がり後にズボンを履いたところ、なんともいえないさらさら感を実感、こんなに違うものかと。これからスーツは水洗いクリーニング一本で決まりです。
国領在住のN様
国領在住のN様
2人の中学生の男の子がいて、いつも制服をどろどろにして帰ってきます。その際、近くのクリーニング店に出していましたが、あまり綺麗は返ってきませんでした。
そんなおり、友達からぽぽろクリーニングさんを紹介され学生服を持ち込みました。店員さんからWクリーニング(ドライクリーニングと水洗いの2度洗い)をすすめられお願いしましたが、後日仕上がりをみてびっくり・・・。汚れがすっかり取れて綺麗に仕上ってきました。
これからは、このWクリーニングをお願いしたいと思います。
調布ヶ丘在住のS様
調布ヶ丘在住のS様
私はシルク素材のブラウスを多く持っているのですが、あまり着ていないのに襟やワキのあたりが変色していました。
ぽぽろクリーニングさんに持っていきスタッフの方に相談したところ、シルク素材は特に汗や紫外線による変色がおきやすいということでした。そして黄ばみを予防するためには水洗いクリーニングで汗を取り除くのがよいと勧められました。
「シルクを水洗いして大丈夫なの?」と不安でしたが、店員さんから「大丈夫ですよ」と自信を持った返答でしたので、水洗いクリーニングをお願いしました。
クリーニングから返ってきたブラウスを着てみるとさらさらしていてなんとも着心地のよいかんじで、襟やワキの汗もすっきり取れていました。
国領在住のK様
国領在住のK様
以前から気になっていた水洗いクリーニングをカシミアコートでお願いしました。
出す前はペシャと毛が寝てしまいゴアゴアと硬くなっていた感じでしたが、水洗いクリーニング後は軽くなった印象で毛もふわふわして大変気持ちいい感じに仕上ってきました。
もうやみつきになりそうです。またよろしくお願いします。

 

水洗いクリーニングQ&A

ドライクリーニングと水洗いクリーニングは何が違うの?
ドライクリーニングは簡単に言うと、石油を精製した油で洗う洗濯方法です。縮んだり、型崩れしたり、色落ちが少ないといった特徴があります。油性汚れ(皮脂汚れ・すす・化粧品など)の汚れを落とすには適しておりますが、水性汚れ(汗、飲み物、水分を含んだもの)を落とすには、効果が弱いといったことがあります。
衣類のタグに水洗いは×と書いてあるが、水洗いして大丈夫なの?
通常水洗いすると、縮んだり・色移り・型崩れしてしまうことがありますが、弊社ではそういったことにならない洗浄方法・特殊洗剤(防縮剤、色止めなど)を組み合わせており現在まで多くの衣類を洗っています。しかし極度の染色堅牢度が低いものや特殊な加工を施している物やシルク、綿、麻の濃い色のものなどは色落ちしやすい物がありますのであらかじめお客様にご説明して違った洗浄方法でご提案をさせ頂くこともあります。
ドライクリーニングに比べ水洗いクリーニングの料金が高いのはなぜ?
水洗いクリーニングは、ドライクリーニングに比べ、乾燥から仕上げに3倍以上の時間が必要になります。やはり水洗いは、繊維の奥まで浸透して汚れを取り出してくれる反面しわになりやすいという難点があります。
水洗いクリーニングの仕上がり日数は?
中2日頂いております。
ウォータークリーニングとWクリーニングはどう違うの?
簡単に言うと、水洗いクリーニングは、水洗いであらう1度洗いです。一方Wクリーニングは、ドライクリーニングで洗ったあと水洗いをする2度洗いになります。油性汚れ(皮脂汚れ・すす・油オイルなど)と水性汚れ(汗・飲み物類・水分を含んだもの)を落とすことには変わりありませんが、水洗いだけの洗いより、W洗いのほうがさらに強力に汚れを取りだしてくれます。

 

水洗いクリーニングの工程

その1.点検・シミ抜き

その1.点検・シミ抜き

洗浄前にキズ・破れ・装飾品の損傷がないか細かくチェックします。シミ、汚れがあれば適切な処理を行います。

その2.保護ネットに入れる

その2.保護ネットに入れる

生地に負担をかけないよう二重構造のクッションネットで衣類を保護します。

その3.洗浄

その3.洗浄

特殊な機械で水をマイクロバブル(小さな泡)に変え、繊維の隅々まで浸透させながら汚れを取り出します。

その4.シルエット形成機

その4.シルエット形成機

シルエットを整え、低温でシワを伸ばします。

その5.立体乾燥機

その5.立体乾燥機

形を整えた状態で1点1点ハンガーにかけ静止乾燥します。

その6.仕上げ

その6.仕上げ

衣類のデサイン性・シルエット・素材の性質を配慮しながらアイロンで仕上げます。

 

水洗いクリーニング料金

品名 来店会員価格 一般価格
スーツ 1,580円 2,210円
上着 1,150円 1,445円
ズボン 768円 969円
スカート 768円 969円
セーター 747円 935円
ネクタイ 653円 816円
ベスト 694円 867円
ブルゾン 1,150円 1,445円
ワンピース 1,360円 1,700円
コート 1,850円 2,312円

 

Wクリーニング料金

品名 来店会員価格 一般価格
スーツ 2,160円 2,800円
上着 1,530円 1,800円
ズボン 1,054円 1,240円
スカート 1,054円 1,240円
セーター 990円 1,160円
ネクタイ 900円 1,060円
ベスト 934円 1,120円
ブルゾン 1,530円 1,800円
ワンピース 1,800円 2,120円
コート 2,380円 2,800円

 

会員募集のお知らせ

当店は、会員様に手厚いサービスを提供したいという気持ちから、あえて年会費315円を頂いております。

  1. 特典1.クリーニングチケット1,000円分プレゼント
  2. 特典2.毎回のクリ-イング代を来店会員価格でご提供
  3. 特典3.大好評!会員様だけの春と秋の特別セールをご案内
  4. 特典4.衣類に関するご相談に手厚く対応致します

入会したい方は、ぽぽろ.クリーニング本店、もしくは南店にお越しください。

水洗いクリーニングに関するご相談はこちらへ。

御相談・お問い合わせ 042-487-6055

実績・ノウハウ

  • シミ抜き
  • バッグのクリーニングと修理
  • 靴のクリーニングと修理
  • その他

ぽぽろ.クリーニングからお得な情報

  • お知らせ
  • キャンペーン
  • スタッフブログ

サイト内検索

ページの先頭に戻る